日本メイスン財団

シンボルマークと理念について
Pin

信頼
Faith

Pin

希望
Hope

Pin

チャリティー
Charity

Pin

信頼
Faith

Pin

希望
Hope

Pin

チャリティー
Charity

財団の活動理念およびシンボルマークについて
財団設立の精神は、信頼、希望、チャリティの3つを基本理念とした慈善の実践です。不幸な人々に救いの手を差し伸べ、より明るい社会の実現に尽くすことを設立以来、この精神に反することなく、また忘れることなく、今日まで変わらぬ努力を重ねてきました。
今後においても、この方針と精神は変わることなく引き継がれ、社会・経済の変化に対応しつつ、皆様と共にその使命の遂行に邁進してまいります。

Symbol mark & Basic principle of Masonic Foundation of Japan (MFJ)
Masonic Foundation of Japan was founded to render charity on the basis of three principal tenets of "Faith, Hope and Charity" and to extend helping hands to the unfortunate and contribute to the realization of a better society. It has endeavored to carry out its activities along this line over the years. We will maintain this policy and spirit of ours in the future for the fulfillment of its duties in response to changing social and economic environments.

日本メイスン財団について
About Masonic Foundation of Japan
日本メイスン財団について
私ども日本メイスン財団は、1955年日本在住のフリーメイスン会員の寄付により設立されて以来、日本国内をはじめ、世界各地における社会福祉活動に貢献して参りました。

Masonic Foundation of Japan was established in 1955 with capital donated by Freemasons living in Japan. Since then, we have supported various social welfare projects in many part of the world as well as in Japan.

日本メイスン財団の紹介


助成事業について
Charity
日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済することを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会福祉・救援活動にまで広がっています。

Masonic Foundation of Japan carries out various charity and relief activities and assists other organizations with similar objectives in the true masonic spirit. Its objectives are to help war and disaster victims, orphans and widows. Masonic Foundation of Japan has supported social welfare and relief projects not only in Japan but around the world.

助成金の実績概要

フリーメイスン
Freemasonry
フリーメイスンは、世界最古・最大の友愛団体の一つで、グランドロッジ制度のもとに活動しています。

Freemasonry is one of the oldest and largest fraternal societies in the world and operates under the Grand Lodge system of government.

フリーメイスンの紹介